居酒屋の女子客獲得戦略

居酒屋の女子客獲得戦略

いま何かにつけて元気がいいのは男子より女子である。そうした元気な女子であるが、最近目立つのは夜の盛り場での女子の姿である。若い女性と言えば、かつては仕事が終わればそのまままっすぐ帰宅とか、そうでなければ友達とちょっとお茶して、とかのパターンが多かった。したがって男性のように仕事が終わると”ちょっと一杯”というのはまずなかったのではないだろうか。ところが最近この事情は一変してきた。男性に負けず劣らず、仕事終わりにちょっと一杯組はドンドン増えてきている。

 

横浜で評判の居酒屋個室

 

でもさすがにまだ一人で飲みに行く人は少なく、ほとんどが女子会などと称して徒党を組んで飲み屋に出かけるのである。こうした女性の傾向を飲み屋側が見逃すはずがない。それでなくても不景気が長い間続く昨今にあり、減少する男性客の代わりをそうした元気な女性客で埋めてもらおうとあの手この手で女子客獲得戦略を繰り広げているのである。【女性客獲得にはなんと言っても店の雰囲気作りとメニューの工夫】一般的に女性は雰囲気を大事にする。

 

 

 

したがってせっかく来てくれた女性客を満足させようと、店側は雰囲気づくりにとくに気を配り始めている。その一つが席の個室化である。女性のグループは他の男性に取り囲まれた席より、自分たちだけのスペースをより好む傾向がある。それに目をつけたのが席の個室化なのである。いま街を歩くと「個室専門」とか「オール個室」などと看板に大きく書いた居酒屋が目立つ。こうしたところはすべて女性客を意識して、その取り込みに熱心なところなのだ。もう一つの女性客獲得戦略は料理のメニューである。

 

難波で評価が高い個室のある居酒屋

 

いかに最近の女性がアルコール好きになったとはいえ、なんと言っても女性が好むのは料理のほうだ。したがって女性獲得に熱心な店は、いかに女性が好む料理を提供するかということに、今熱心に取り組んでいるようである。