愛される居酒屋になるためにある店がしていること

愛される居酒屋になるためにある店がしていること

平日にもかかわらず、ほとんどが予約で埋まってしまうほど人気を集めている居酒屋があります。
どのような方法で人気店にしているかを調べてみると意外なことが分かってきました。
その店は、特別なイベントを毎週開催しているとか、特徴的なメニューを提供しているとか、そういった工夫は一切していないのです。

 

意外にも、やっていることといえば、他の居酒屋がしていることとほとんど同じです。
仕入れを工夫したり、接客の教育をしたりといった、ごくありきたりのこと。
ところが、なぜ仕入れを工夫し、接客を大切に思っているかの考え方が違っているのです。

 

人気店では、まずお客様のことを考えています。
仕入れを工夫するのは、良い食材を使った美味しい料理を低価格で提供するため。
接客に力を入れているのは、来店したお客様に居心地の良さを味わってもらうため。

 

お客様のことを第一に考えてこれらの工夫をすることにより、結果的に居酒屋の経営にも良い影響を及ぼしているのでした。
もともと独自の仕入れのノウハウがあったとか、接客について特別の研修を行ったということもありません。

 

全てオーナーが独自に考えながら実践した結果です。
愛される居酒屋になるためには、人任せにせずに自分たちで良い店に変えていくという気構えが必要なのかもしれません。
今現在、人気店じゃない居酒屋も、努力次第でいつでも人気店になる可能性があるわけですね。
どの業種でもそうですが、繁盛しているお店は見えないところで大変な努力をしているものです。
新宿のイタリアンバル NUOVO