愛される居酒屋の条件とは

愛される居酒屋の条件とは

居酒屋が密集している場所でも、
一方の居酒屋はお客さんがたくさんいて、
一方の居酒屋はガラガラ。

 

それぐらい大差がついてしまう、原因は何なのでしょうか?
赤坂の観世水のように、
愛される居酒屋の条件について、考えてみたいと思います。

 

まず当たり前の事が、ちゃんと出来ている居酒屋です。
これは飲食店の基本で、「5つの不がない」事が重要です。
5つの不とは、不足、不快、不潔、不安、不備を意味しています。

 

例えば人気のメニューが不足して品切れの状態だったり、
接客態度が不快だったら不満が残りますよね。

 

お客さんの不満がない状態、
また来たいと思ってもらうためには、
当たり前の事がちゃんと出来ている状態。

 

そしてそれに加えて、期待以上だと、
居酒屋の評価がプラスに変わります。

 

期待以上とは、接客の態度だったり、
料理の美味しさだったり、お酒の種類だったり、
お店の雰囲気だったりです。

 

例えば居酒屋の証明は、暗くしているお店が多いですよね。
これもお客さんがゆっくりと、くつろげる空間になるように、
わざと暗い照明にしているのです。

 

また特別扱いされると、
嬉しいと思うのも自然な心理だと言えるでしょう。

 

店長が顔や名前を覚えてくれていたり、
常連さんしか食べれない裏メニューを出してくれたり、
一般客ではなく、常連客扱いをしてくれると、
また来たいと思う気持ちも強くなるでしょう。

 

居酒屋の集客力に関しては、現在はネット社会ですから、
お店のホームページや広告に力を入れたら集客力はアップします。

 

しかし重要な事は、新規客をどんどん増やす事ではありません。
広告を出し続けていたら、広告費が高くついてしまいます。

 

新店オープンの場合は広告をしても、
それ以降はリピーターや常連客が友達を紹介してくれるなど、
口コミで人気がある居酒屋が、
本当に愛されている居酒屋だと言えるでしょう。